MENU

【還元率 1.5〜2.5%】エポスゴールドカードのメリット・年会費・ポイントまとめ

【歴8年】エポスカードゴールドのメリット・年会費・ポイント還元率を徹底解説
  • URLをコピーしました!
ヒロキ

鬼の節約貯金家の僕は「エポスゴールドカード」をメインカードで使っています

エポスゴールドカードは

  1. 結論!カード年間利用金額100万円の人にとってはコスパ最強
  2. 年会費実質無料なのに1.5%〜2.5%ポイント還元
  3. 空港ラウンジ・海外旅行保険など、特典多数

エポスカードは「ノーマルカード」「ゴールドカード」「プラチナカード」の3種類ありますが、その中でもエポスゴールドカードがコスパ最強のカードです。

僕はエポスカードを大学生時代に作ってから、エポスカード歴8年以上の僕がメリット・デメリットを徹底解説していきます。

目次

結論!エポスゴールドカードがコスパ最強

エポスゴールドカードはエポスカード3種類の中はもちろん、他社のクレジットカードと比較してもコスパ最強のカードです。

僕は節約貯金の鬼なのでかなりコスパには厳しいですが、エポスゴールドカードは最強クレジットカードの1枚です。

【エポスゴールドカード】

  • 実質ポイント還元率1.5%〜2.5%
  • 年会費無料
  • ポイント有効期限なし
  • 海外旅行保険付帯
  • 空港のラウンジ使用可能
  • その他、商業施設の割引やサービスを受けられる

この内容どうですか?

まず間違いなく、これ以上にコスパ良いクレジットカードはありません!

年会費が無料のゴールドカードに加えて、1.5%〜2.5%のポイント超高還元なのも魅力的ですよね!

ポイントの有効期限も無い(永年使用可能)ので、使い忘れる心配もありません。

鬼の節約貯金家である僕は、今まで様々なクレジットカードを使ってきました。

エポスゴールドカードはその中でもトップクラスに使いやすく、ポイント還元率も高いので、今でもメインカードとしてずっと使っています。

ノーマルカード < ゴールドカード < プラチナカード

と特典内容追加され、豪華になります。ノーマルカードにある特典はゴールドカードにもあり、ゴールドカードにある特典はプラチナカードにも当然付いています。

エポスゴールドカードの特徴:メリット

エポスゴールドカードの特徴:メリット

エポスゴールドカードは想像以上にたくさんのメリットがあるので、一つずつ徹底解説していきます。

ポイント還元率

エポスゴールドカードの”基本”ポイント還元率は0.5%と少ないです…。

しかし、次から説明する「年間利用額に応じて最大10,000ボーナスポイント」や「選べるポイントアップショップ」によって、

100万円使用時のポイント還元率は15,000円〜25,000円と超高還元です!

還元率に直すと、1.5%〜2.5%!こんなにすごいクレジットカード他にありますか!?

年間利用額に応じて最大10,000ボーナスポイントもらえる

年間利用額に応じて最大10,000ボーナスポイントもらえる

先程お話したお通り、エポスゴールドカードの”基本”ポイント還元率は0.5%と、やや少なめです。

しかし以下の通り、最大 10,000円分の追加ボーナスポイントが貰えます!

・年間 50万円利用 :+2,500ポイント
・年間 100万円利用:+10,000ポイント


※現時点でいくら累計利用しているかは公式サイトで確認可能

100万円利用した場合は「通常ポイント5,000」+「ボーナスポイント10,000」=15,000ポイントとなり、還元率が1.5%にまで跳ね上がります!

ポイント還元率 1.5%でも他のクレジットカードには無いほどお得さですが、次の項目で解説する「選べるポイントアップショップ」を組み合わせることで、最大 2.5%の超高還元率カードになります!

選べるポイントアップショップ(ポイント3倍)

エポスゴールド・エポスプラチナカードでは「»選べるポイントアップショップ」というサービスが利用できるようになります。

このサービスは選んだ3つの店で利用する場合、ポイントが通常の3倍になるという特典です。(ポイント還元率 1.5%)

詳細は「»選べるポイントアップショップ」を参考にしていただきたいのですが、非常に多くの店が選べます

  • Apple ストア
  • JR
  • ETCカード
  • マルイ
  • ドン・キホーテ
  • 各社コンビニ
  • GU
  • NHK料金
  • 各社電力会社
  • ANA
  • HIS

などなど、今回載せたのはほんの一部ですがとても多くの店を選ぶことができます。

ちなみに僕は「Apple ストア」「JR」「ETCカード」を登録しています。

登録店舗は変更可能なので、そのサービスを使わなくなったら別のサービスに登録し直しましょう。

登録した店は3ヶ月間は変更できないので注意してください。(3ヶ月後には変更可能)

僕はAppleストアを年に一度しか購入しないので別の店に変更し、購入時期になったら登録し直しています

仮にエポスゴールドカードで「選べるポイントアップショップ」に登録した店で

100万円利用した場合、ポイント還元率は 2.5%と超お得なカードになります!

【内訳】
・選べるポイントアップショップのポイント15,000
  +
・100万円利用時ボーナスポイント10,000
 =25,000ポイント

「100万円利用のボーナスポイント」と「選べるポイントアップショップ」、この2つがエポスゴールドカードが数多くあるクレジットカードの中でも最強な理由です。

この2つのおかげで、

100万円利用時に

最低でもポイント還元率 1.5%
最高ではポイント還元率 2.5%

と、特に何も考えずに使っても 1.5%ポイント還元し、「選べるポイントアップショップ」で上手に使えば最大 2.5%の還元です。

はっきり言って、ポイント還元率が 1.5%〜2.5%のクレジットカードなんで他にないです。

しかも年会費は実質永年無料!

年会費:実質永年無料

年会費:実質永年無料:エポスカードゴールド:インビテーション招待
「クレジットカードの読みもの」様より引用「https://news.cardmics.com/entry/eposgoldcard-get-3weeks/」

エポスゴールドカードは本来は年会費が5,000円かかりますが、支払っている人はほとんどいません。

というのも、エポスゴールドカードは年会費を無料にする方法があるんです!

エポスゴールドカードの年会費を無料にする方法

  • エポスカード(ノーマル)を使い続けて、ゴールドカードへのインビテーション招待が来たら、初年度から年会費永年無料
  • インビテーション招待が無く、自分でゴールドカードを申し込んだ場合は初年度だけ年会費5,000円発生しますが、年間で一度でも50万円以上カードを使用することで翌年以降も年会費永年無料

このように年会費実質無料のゴールドカードは無いので、とてもお得です。

インビテーション招待を待つかどうか

インビテーション招待の基準は公式には公開されていませんが、エポスノーマルカードを年間50万円以上利用するとゴールドカードへの招待が来る可能性が高いです。

インビテーション招待が来たら初年度から永年年会費無料。

一見するとインビテーション招待を待ったほうがお得のように感じるかもしれませんが、エポスゴールドカードは実質ポイント還元率1.5%〜2.5%の高還元率カードのため、自分からゴールドカード申請をすることもオススメです。

僕はこの方法で自分で、ノーマルカードから、ゴールドカードへ切り替えました。

インビテーション招待を待つこと無く自分でゴールドカードに切り替えた場合は「初年度だけ5,000円」発生してしまいますが、「一度でも年間合計50万円使う」ことで翌年以降は年会費永年無料になります。

そのため自分でゴールドカードを申請した場合に年会費がかかるいのは、実質初年度だけです。

それ以降は仮にゴールドカードを使わなくても、永久に年会費がかかることなく使用できるので、インビテーションを待たずにゴールドカードに切り替えても充分お得なんです!

仮に100万円分エポスゴールドカードを使った場合、15,000円分〜25,000円分のポイント獲得です。

もしも他社のポイント還元率1%のクレジットカードを100万円分使った場合、10,000円分のポイント獲得

…初年度の年会費を支払ったとしても、エポスゴールドカードの方がお得なんです実は!

エポスポイントの有効期限無期限に(永年使える)

エポスポイントの有効期限無期限に(永年使える)

エポスカード(ノーマル)の時には2年間のポイント有効期限がありましたが、ゴールドカード・プラチナカードではポイント有効期限がなくなります。(永年使える)

エポスポイントはAmazonなどのインターネット通販の支払い時にポイントを使えるので使い道が無いということはまずありませんが、ポイント有効期限が無期限になったので一層安心してポイントを貯めることができますね。

国内19:海外3の空港ラウンジ使用可能

エポスゴールドカードを持っていると、»空港ラウンジを無料で利用することができます。

旅行や出張などの搭乗前もドリンクや軽食、仕事スペースの確保など、有意義な時間を過ごすことができます。

海外旅行保険の内容が更に手厚くなる

エポスカード(ノーマル)にも付いていた海外旅行保険ですが、ゴールドカードは更に保証内容が手厚くなっています。

保険の種類保険金額(限度額)
傷害死亡・後遺障害1,000万円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
携行品損害20万円

これほど充実した保険内容が「自動付帯」ですから凄すぎます…。

エポスゴールドカードのデメリット

最強のクレジットカードである「エポスゴールドカード」にもわずかにデメリットがあります。

“通常の”ポイント還元率は 0.5%

ポイント還元率が1%を超えるクレジットカードもあるなかで、0.5%では正直物足りません。

しかし、エポスゴールドカードの芯の強さは今回お話した、「100万円利用時ボーナスポイント」と、「選べるポイントアップショップ」を組み合わせることでポイント還元率 1.5%〜2.5%になることです。

上手に使うことでこんなにお得になるカードは無いので、通常ポイント0.5%は何も気にする必要がありませんよ。

ボーナスポイントは年間 100万円利用まで

100万円の利用では10,000のボーナスポイントが貰えるため、通常の5,000ポイント(0.5%還元)と合わせて、還元率を1.5%に高めることができます。

しかしそれ以上利用しても、ボーナスポイントを追加でもらうことはできないんです。

【例:エポスゴールドカードを年間200万円利用した場合】

通常ポイント10,000+100万円利用時ボーナスポイント=20,000ポイントとなり、還元率 1%にまで落ちてしまいます。

(※ここでは「選べるポイントアップショップ」は計算しない)

200万円利用時のポイント還元率は 1%〜で並ですが、エポスゴールドカードはその他の特典が充実しているため、200万円以上利用時にもメインカードに充分なります。

最もお得に使えるのが100万円使用時というだけで、200万円使用してもお得なクレジットカードです!

一番お得に使いたい場合は、年間利用金額を100万円で止めるか、更に多くクレジットカードを使う場合は

  • 「100万円までは」エポスゴールドカードで「ボーナスポイント」・「選べるポイントアップショップ」を使い、1.5%〜2.5%の高還元率カードとして使用
  • 「100万円を超えた分からは」楽天カードなどの基本還元率 1%のカードを使ったり、エポスプラチナカードへの切り替えを検討するのがオススメです

カードを年間200万円以上利用するなら、エポスプラチナカードがオススメ

ノーマルカードの特典もあり

エポスゴールドカードにしても当然、ノーマルカードの時の特典も使えます。

»エポスカード(ノーマル)の特典を見る

まとめ:エポスゴールドカードはコスパ最強のクレジットカード

【歴8年】エポスカードゴールドのメリット・年会費・ポイント還元率を徹底解説

【エポスゴールドカード】

  • 実質ポイント還元率1.5%〜2.5%
  • 年会費無料
  • ポイント有効期限なし
  • 海外旅行保険付帯
  • 空港のラウンジ使用可能
  • その他、商業施設の割引やサービスを受けられる

年間100万円までの利用なら、年会費無料で正真正銘最強のクレジットカード!

200万円までの利用でもトップクラスにお得で、充分メインカードして利用可能!

鬼の節約家の僕でも、エポスゴールドカードをメインカードとして使い続けています。

コスパ最強なので、ぜひ作ってみてください。

少しでも参考になったら嬉しいです

【歴8年】エポスカードゴールドのメリット・年会費・ポイント還元率を徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる