MENU

失敗する転職活動 / 正しい転職活動 / ブラック求人の見分け方

”失敗”する転職活動とは?

下にスクロールしないで!

”失敗”する転職活動は何か? 一緒に考えましょう

\ Web業界転職するなら使うべきサービス /

”失敗する”転職活動

  1. ギリギリまで転職活動を開始しない
  2. 転職サイトを1〜2社しか使っていない
  3. 会社を選り好みし過ぎている
  4. ポートフォリオを用意しない

この「”失敗”する転職活動」の逆をすれば、正しい転職活動になります

目次

正しい転職活動

早期に転職活動を始める

失業保険をもらい終わってから、転職しようと思っていませんか?

僕も当時、失業保険をもらい終わってから就職しようと思って活動開始時期を調整していました。

しかしこれ、辞めてください。

転職活動はなるべく早くにはじめましょう!

転職活動を開始してすぐに内定出るほど甘くない!

活動期間は3ヶ月くらいはかかるもの!

仮に内定出ても1〜2ヶ月くらいなら入社を待ってもらえる

転職サイトを ”4.2社” 以上使う

転職を成功させたいなら、複数の転職サービス利用必須!

転職成功者は平均4.2社以上の転職サービスを併用して利用していると、リクルート社の調査で明らかになっています。

前提として、転職サービスは各社毎に扱っている求人・紹介してもらえる求人が違う。

そして求人紹介の選定や相手企業との調整を「転職サービス担当者が人力でも行っている」ため、多少時間がかかる場合がある…。

そこで複数の転職サービスを利用することで、

  1. 紹介してもらう求人数を増やし
  2. 応募回数を増やすことで
  3. 早期に就職活動を終えることができます!

空き時間にサクッと登録して、有利に転職活動を進めましょう

会社を選り好みし過ぎない
(ほぼ確実に再転職するから)

1社目で最高の会社に辿り着くことはまず無い

皆さんは「独立フリーランス」や「副業」「同業他社に転職」しやすいWebのスキルを学んでいます。

だから一つの会社にこだわりすぎる必要はありません。

あまりにもブラック企業は論外ですが、会社を選り好みしすぎないでくださいね。

まずは実務経験を積むことが大切!

スキルを得て、実務経験を積むことで同業他社への転職も容易になります!

ポートフォリオを用意する

転職活動でアピールできるもの

職業訓練でサイト制作を学ぶのでそれがポートフォリオになります。

そしてそれ以外にもバナー作成や、WordPress(世界で最も使われているWEBサイト制作管理システム)の基本操作ができるならアピールになります!

ヤル気はあります!

けど何も分かりません!

では相手にされないので、ちゃんとスキルやヤル気を目に見える形で用意しましょう。

ブラック求人の見分け方

本日お話したとおり、WEB業界で働くことは様々なメリットがありますが、一部のブラック求人があるのも事実。

そこで皆さんがブラック求人にひっかからないように「ブラック求人の見分け方」を解説します。

自社運営のスクールで6ヶ月間の研修あり
(給料支給)

一見良さそうに思いますが、これは実態がただの人材派遣会社というパターン。

研修期間中はテレアポや接客の仕事を派遣やらされ、就業後にスクール研修がある可能性が高いです。

土日にも研修がある場合もあります。

この手の会社は完全未経験者でも採用しているので、難易度は低いです。

訓練学校で学んでいる皆さんなら、内定も容易でしょう。

最初のテレアポや接客の派遣仕事は我慢して、その後の配属先でとりあえず実務経験を数年積みたい場合には良い求人かも知れません。

残業ほぼ無し

具体的な数字が書いていない。

残業時間が20〜30時間くらいはどの会社でもあることですが、「残業ほぼ無し」と具体的な数字を書いていない会社は実際は月残業45時間以上の場合も多いです。

面接時の質問にて

STEP
毎月の残業時間はどれくらいなんですか?
STEP
ウチは残業ほぼ無いですよ!
STEP
具体的な数字で言うと、何時間くらいですか?
STEP
んー。1日あたり2〜3時間くらいかな!
STEP
そうですか…。

こんなパターンもあるので、残業時間は具体的な数字を書いている会社が良いでしょう。

記載の月残業時間が20〜30時間なら許容範囲です。

【休日・休暇】

土日

「完全週休二日制」と書いていない。

「年間休日数」が書いていない。

書けないくらいの低い水準ということが想定されます。

まとめ:転職活動を成功させたいなら

転職活動を成功させるには

  1. 早期に転職活動を始める
  2. 転職サイトを ”4.2社” 以上使う
  3. 会社を選り好みし過ぎない
  4. ポートフォリオを用意する

特に「早期に転職活動を始める」ことと「転職サイトを4.2社以上使う」のは早期に転職する上で超重要です。

●●会社はあまり気が進まないないなー。と思わずに、少しでも気になった会社はガンガン面接受けて、質問していきましょう!

行くかどうかは内定出てから考えれば良いことです!

面接に慣れるという意味でも、多くの会社の面接を受けることは良いことだらけです!

\ Web業界転職するなら使うべきサービス /

目次
»講義資料トップに戻る
»講義資料トップに戻る